2011年03月13日

東日本巨大地震

このたびの巨大地震に被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

復興ももちろん大事ですがどうぞ「心の傷」が少しずつ癒されますように
祈ることしかできません。


私は北海道で地震はけっこう頻繫に起きて今までも震度4は普通で
震度6など経験したことがありますが

『津浪』にこれほどの恐怖を感じたことはありませんでした。

奥尻島の津浪の時には今回のように水が襲ってくる『映像』がなく
被災者の方の話や残った土地の状態でしか知るすべがなかったからです。

私の夫の店も市内の繁華街にあります。

すぐそばには海につながる大きな川が流れています。

我が家のそばにも
実家のそばにも

大きな川が流れています。

いつ津浪が襲ってくるかわかりません。

また街を大きく二つに分ける橋が5つかかっています。

今回は3つが封鎖されたためこの2つの橋に集中し実家の母にところに
行くにも簡単には行きませんでした。


息子も去年から札幌で暮らしています。


今、日本中どこに行っても地震から逃れることはできないのではないでしょうか?




今はどんなに小さいことでも
どんなことにでも「よかった!」と感謝し喜ばなければならないのと同時に
まだまだ不明の方や避難されてる方、救助を待っている方・・・・

「よかった!」という言葉はご法度だと思っています。


私になにができるんだろう?

とにかく
とにかく

祈りつづけます。
posted by ぽろ at 10:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
今回の大災害で日本は地震国なんだ、と改めて思い知らされました。
そして海に囲まれた国では地震がどんな災害をもたらすか、も・・・
明日の暮らしが平穏であるかどうか
誰にもわかりません。
今日一日の命を与えられたことに感謝して
日々を大切に暮らしたいと心から思いました。

離れて暮らす家族がいると本当に心配ですね。
私も今回は真っ先に東海地方にいる両親のことが頭に浮かびました。
ましてや、突然に家族と連絡が取れなくなった被災地の皆さんが
どんなに心を痛めていらっしゃるか、
想像しただけでも胸がつぶれそうです。
早く平穏な日々が戻ってくることを祈るばかりです。
ぽろさんもお気をつけて!
Posted by Kei at 2011年03月17日 13:17
keiさん本当にすっかりご無沙汰してしまい
申し訳ありません;

もうなんていったらいいのか・・・

今スーパーではお米が品切れ続出です。
消費者に節度を求めてるのではなく
お店側で規制するべきだと思います。
釧路は今まで津浪警報が出てもみんなのんびり
かまえてましたが今回のあの映像を観たら
これからはしっかり避難すると思います。

keiさんもお気をつけてね。
Posted by ぽろ at 2011年03月17日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190354088
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。